ビジネスアップデートをすべての人に。

日本はかつて、「ものづくり大国」として世界的に高い評価を受けてきました。しかし、現在ではクラウドサービスなどといったテクノロジーサービスの導入が諸外国に比べて遅れており、その課題は深刻さを増しています。再び日本にイノベーションを起こすには、日本の地域産業や企業が直面している「課題」に対して地域と密接な関係の地方銀行や自治体と連携しながら、テクノロジー企業の技術をマッチングさせて課題解決し企業を活性化させるビジネスコミュニティが必要です。
テイラーワークスは「新しい地方創生サービスの仕組み」を創造し、企業と産業が活性化するイノベーションを起こしビジネスコミュニティを育成し、地方創生を次のステージに進める役割を担います。
是非、新しい出会いから日本の未来を創っていきましょう。

企業情報を詳しく見る

未来を創る出会いでビジネスをアップデートする。

ニュース

ニュースを詳しく見る

事業内容

企業単位に新しい価値を提供

テイラーワークスが掲げる「地方創生+(プラス)」とは、内閣官房まち・ひと・しごと創生本部が提唱する地方への支援(地方創生版・三本の矢(情報、人材、財政))に加えて地方創生を次に進めるための4本目の仕組み、活動、考え方のことです。既存の地方創生施策を活かしつつ、テクノロジー企業が提供する様々なソリューションやサービスをプラスすることで、地域企業の成長や生産性が高まると共に、人のつながりのコミュニティ支援などが社会的課題を解決し、地域経済の発展につながることに貢献していきます。

事業内容を詳しく見る

支援実績

TECH BEAT Shizuoka

静岡県、静岡銀行の共催による
マッチングプログラムをサポート

静岡県の産業の活性化を目的としたオープンイノベーションプログラム。2019年7月に開催され、3300人の参加者とスタートアップ48社の交流により、後日商談を含め、440件の商談を創出しました(2020年3月時点 速報値)。ビジネスマッチングに加えて、スタートアップ企業とのコミュニティ形成も産業活性の手段と捉えており、年間を通したプログラムを展開し続け、コミュニティを広げていきます。昨年開催された、第1回目のTECH BEAT Shizuokaは、静岡県下企業1000社が参加した一大イベントとなりました。

採用情報

Join us!

テイラーワークスは、未来を共に創る
仲間を募集しています。
あなたの力や想いが、地方創生のイノベーションを
起こす原動力になります。